株式会社ウェブシャーク

センサリールーム

センサリールーム

センサリールームとは、聴覚や視覚など感覚過敏の症状がある人やその家族が安心して過ごすことができる部屋です。大きな音や眩しい光、人混みなどが苦手な方でも落ち着いた環境でスポーツ観戦を楽しむことができる空間となっております。

欧米や豪州を中心にスポーツ施設での設置が広まりつつある中、日本国内においてはまだまだ「センサリールーム」自体の認知が低い状況です。Yogiboはスポーツや文化活動に誰しも参加できるストレスのない社会の実現を目指し、今後も『センサリールーム』の啓発・普及を推進してまいります。

ノエビアスタジアム神戸 センサリールーム
施設概要

当社では、公益社団法人日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)およびINAC神戸レオネッサのご協力のもと、Yogibo WEリーグの開幕戦会場であるノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)に、Yogiboプロデュースによる「センサリールーム」を導入いたしました。

本取り組みはYogiboがタイトルパートナーを務めるWEリーグが行う多様性社会の実現に向けた活動「WE ACTION」の一環となります。この度の常設化によりWEリーグ参加クラブである「INAC神戸レオネッサ」のホームゲーム開催時において、センサリールームの利用が可能となります。

今回プロデュースしたセンサリールームのコンセプトはコクーン(繭)。母親の胎内のように優しく包みこまれた空間をイメージして設計しております。部屋全体はナチュラルで温かみのある色調にすることで落ち着いた空間となっており、床面には人工芝を敷くことでスポーツ観戦の臨場感を演出しております。また、Yogiboのビーズソファを始め、ぬいぐるみや玩具を取りそろえ、子どもだけでなく家族全員が安心してゆったりと過ごせる空間となっております。

ノエビアスタジアム神戸
ノエビアスタジアム神戸

運営:公益社団法人日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)/アイナックフットボールクラブ株式会社

協力:楽天ヴィッセル神戸株式会社、橋口亜希子 個人事務所

会場:ノエビアスタジアム神戸(INAC神戸レオネッサゲーム開催時)

   兵庫県神戸市兵庫区御崎町1丁目2-2

定員:2家族

Outline
活動概要

  • 2021.1.1

    国立競技場
    (サッカー)
    ※商品協賛

  • 2021.1.4

    国立競技場
    (サッカー)
    ※商品協賛

  • 国立競技場

    2021.4.11

    国立競技場
    (サッカー)
    ※商品協賛

  • 豊田スタジアム

    2021.6.12

    豊田スタジアム
    (サッカー)
    ※商品協賛

  • ノエビアスタジアム神戸

    2021.9.12

    ノエビアスタジアム神戸
    (サッカー)
    ※センサリールーム常設

  • PayPayドーム

    2021.10.6

    PayPayドーム
    (プロ野球)
    ※商品協賛

  • 2021.10.12

    埼玉スタジアム2002
    (サッカー)
    ※商品協賛